作業中

フッ素コートの離型剤はモノづくりにおける重要な脇役

プラスチック製品やゴム製品などモノづくりの現場は、大量生産を行うために製品の型どりを行います。成型に金型を使用し、きれいに型から取り外すために離型剤を用います。離型剤として、多くの現場ではフッ素コート剤が使われています。フッ素コート剤は、非粘着性の性能が特徴です。プラスチック製品やゴム製品などで作られた繊細な形の製品であっても型どりが可能になります。
離型剤としてフッ素コートを使うと、金型にプラスチックやゴムが付着することを防ぎます。金型の汚れを減らします。長持ちするので繰り返し使用することが可能です。作業効率が良くなります。小型や薄型、複雑な形の製品にも対応できます。壊れないように金型から取り外すことが出来るので、良い製品が完成します。
離型剤は、使いやすいこともモノづくりの重要なポイントです。フッ素コートの離型剤は、スプレータイプや刷毛で塗布できるタイプなどがあります。離型作業中に現場で簡単に使えるものであれば、作業中に再塗布したいときにすぐに使用できます。成形作業を中断することなく製品の生産が可能です。成形作業に集中することができるので、時間のロスを減らせます。より良い製品を短時間で作り出せる離型剤は、モノづくりの現場を支えています。

Recent contents

What's new

SITE MAP