作業中

フッ素コート剤使用の離型剤の特徴について

シリコンやゴムを素材とする製品を目にしたことがない人は殆どいないでしょう。日用品として、あるいは仕事で使う特殊な部品や製品として、これらの素材を使ったものは沢山あります。ゴム製品もシリコン製品も、部品や製品としての役割を果たすためには、設計通りの形状とサイズであることが必要ですが、それを可能にしてくれるものとして、フッ素コート剤を使った離型剤があげられます。
フッ素コート剤は、これを塗布することで形成されるフッ素樹脂被膜によって、物質が表面にくっつかなくなるようにするという特殊な働きをします。この特性のことを、一般に、非粘着性と呼びますが、非粘着性は、離型剤としての機能にうってつけの特性です。ゴムやシリコンの製品、部品を製造する際、設計通りの形状、サイズに整えるために、金型という型を使います。
しかし、金型だけでは、ゴムやシリコンが内壁に粘着して、折角形作った製品が、型から剥がす際に壊れてしまいます。ここで、非粘着性という特性を金型に付与できるフッ素コート剤使用の離型剤を塗布すると、製品は問題なく型から外すことができるようになります。
フッ素コート剤のものをくっつけない特性は非常に応用の幅が広いですが、離型剤は、その応用の一つの代表的な形と言えるでしょう。

Recent contents

What's new

SITE MAP