作業中

設計通りの形で製品が作れるフッ素コート剤使用の離型剤

 並んだ薬瓶

離型剤として、フッ素コート剤を選ぶと綺麗な形のプラスチック製品をやゴム製品を作ることができます。フッ素コートには、設計通りの形の製品が作れるというメリットがあります。
生活に欠かせない物として、ゴムやプラスチックでできている製品がいっぱいあります。一人暮らしや結婚をして新しく生活を始める時には、生活必需品として様々な製品を買い揃えます。安くて使いやすい物やでデザインが良いものなどがあります。どの製品もきれいにできており、工場での大量生産で金型から形造る作業が行われています。離型剤を用いて金型から綺麗に剥がすと、きれいな製品に仕上がります。
離型剤には、フッ素コート剤が使われているものがあります。プラスチックやゴムの製品で、とても薄い形や、デザインに富んだ複雑な形も、きれいに仕上げることができます。
フッ素コート剤には、薄い塗膜でも強力な非粘着性で、設計通りの形に金型から外せます。そして、離型剤が製品に転写しないという特徴があります。フッ素コート剤を使うと、型から取り出しやすく製品に影響を与えないため使いやすい離型剤です。
ゴムやプラスチックの製品を綺麗に設計通りの形に成形したいときには、フッ素コートの離型剤がおすすめです。

フッ素コートはゴムやシリコン製品の成型時におすすめの離型剤

フッ素コートの離型剤は、フッ素の特性である非粘着性や滑り性を利用して作られています。ゴムやシリコン製品の成形時におすすめの離型剤で、金型に塗布すると金型から取り出しやすくなります。
フッ素コートの離型剤は、非常に薄い乾性塗膜を形成します。成形した製品へ離型剤が転移しにくく、持続性があります。フッ素化合物の非粘着性は優れているため、成形の難しいゴムやシリコン製品だけでなくプラスチック、精密部品の離型にも有効です。乾性塗膜は、製品に転移しないのでベトつきません。電気部品の成形に私用することもできます。
フッ素化合物には、撥油性や防汚性もあります、金型が汚れにくく、きれいな状態で使えます。洗浄する手間も減らせます。シリコーン系やワックス系の離型剤より効果が長持ちするところもうれしいポイントです。製造業の現場では、フッ素コートの離型剤を使って生産性を上げることができます。一度の処置で成形が難しいゴムやシリコン製品の連続離型ができます。そして、離型性能が低下した時には再塗布が可能になります。効率よく大量生産ができるようになります。金型から製品をきれいに取り出せるので、不良品発生リスクも軽減することができます。

再塗布がしやすいフッ素コートの離型剤

現場で使用する離型剤の選択は、注意するポイントがあります。業務用にとして使用できる離型剤は、様々な種類があります。どの離型剤が良いのか選択時には、基本の性能を考えます。他には、製造現場で使い易さも重要になってきます。
まず、溶剤の性質を確認します。離型剤に引火性がある溶剤を選んでしまうと、法律で危険物に該当する可能性が出てきます。危険物の法規に従って、厳密に取り扱う体制を整えなければなりません。フッ素コートの離型剤には、不燃性溶剤の製品があります。現場で使用する時は、引火性がないフッ素コートの離型剤を選ぶと扱いやすくなります。
フッ素コートの離型剤は、現場での使用に再塗布が可能です。離型剤は金型に塗布し手使用します。効果は継続するものの、金型の成形作業は大量生産を目的とするために、作業を数多く重ねていくと劣化してきます。離型剤は、現場で簡単に再塗布できることが重要で、成形作業中断することなく生産することができます。効率よく作業を進めることができます。
離型剤の選択は、フッ素コートの不燃性溶剤が便利です。離型性能は、再塗布が可能であることも重要なポイントです。しっかり確認して、最適な離型剤を選びます。


フロロテクノロジーの離型剤なら従来の離型剤では抜けない複雑な形状の成形で抜群の離型性を発揮します!
また、製造現場で簡単に塗布でき、室温で乾燥させるだけなので簡単に使用できます。

Recent contents

What's new

SITE MAP